7月は長かった〜。原稿と連載とPTAと長男の受験のあれこれと、いろんなことが層になっていたから、濃かったんだなあ。

8月上旬は、夏休み4日間をすごした。
山中湖畔の緑に囲まれたコテージで、ハンモックにゆられながら読書をしてのんびり……のはずが、じっとはしていられない息子たちに大型迷路に行きたい! カババスに乗りたい! プール入りたい! と言われるままに動いていたので、けっきょく本などろくに読めず。
しかも初日は徹夜明けで、久々にカラダがしんどかった。夏休みを徹夜明けのままスタートするっていう恒例から、来年こそは抜け出したい。

夏休み明けはすぐに大学のスクーリングがあったんだけど、その話はまた今度。

そして9月にはムック1冊、書籍1冊が校了をむかえる。そうしたらだいぶ気持ちがすっきりするはず!
ムックはすでに初校がまとまってきて、手が離れたような気持ちになりつつある。「おもしろい企画!」と飛びついた物件だったが、やはり今までにない誌面になっていて、店頭に並ぶのがたのしみで仕方ない。

書籍については、ここにきて構成にもうひとふんばりしているのと、残している原稿が数ページあって、まだまだ気が抜けない状況。一年以上をかけて進めてきた本である。最後まで力をそそぎ続けよう。