街歩き取材のピンチヒッターで、日帰り長野へ。
かわいい電車や駅舎に鉄子の血がさわぐ。
Img_dea33308b78f3121d4a2d56a0e213e03
Img_de9a7868cb2614c396f6312bfce96a91
仕事仲間の人に、「りえちゃんでいいよね」と、
呼び方変える宣言されてびっくり!
今週の蟹座の石井ゆかりさん占いに
「お互いの呼び名がふと、変化したりするのかもしれません」
と書かれていたから。
比喩だと思ってたけど、そのものズバリだった。
昨日は初めての編集部と打ち合わせ。
今日はストッキスト→友人と情報交換会。
なんか近頃、目の前の景色が変わっていく感じがする。
自分が見ているのはほんの一部にすぎないとしても。
涼しい風に誘われて、朝からひじきを炊いた。自己満足にひたる。
今日は原稿1本、打ち合わせ2本の予定。
さいきんの一気読み。
中川ちえさんと馬場わかなさんの『まよいながら、ゆれながら』。
先月、吉祥寺の種市で、この本に出てくるあんざい果樹園あっこさんの
トークイベントをきき、その場で購入した本。
帰宅して開いたら、最後までとまらなくなった。
ちえさんの文章が静かだから、自分がしまいこんでた気持ちを
思い起こさせてくれるような、そんな作用があった。
Img_b5cc6a34dac6a683d59e83ce4c378c8d


こちらは一ページずつ、めくっていくような本。
トラネコボンボンさんの『記憶のモンプチ』。
本としてかわいい! 絵がかわいい!
などと軽い気持ち(いや、欲しいという気持ちは決して軽くなかったが)で
手に入れたのだけれど、そのコンセプトを知って涙がとまらなくなった。
動物たちの絵をみながら、ポロポロポロ……。
さいきん、誰かが誰かのために何かをする、というのがたまらなくずっしりくる。
わたしはこれから一生それを考えていきたい。
Img_dfbb4662f70121d00dd1415cf10ceab2
「夏休みの読書感想文が、子どもを読書ギライにするのでは!?」

などと先日の打ち上げ会でもえらそうに語っていた私だが、
二男の読書感想文がコンクールに出されることになり、
そうなるとけっこううれしいものですね(ゲンキンナヤツ)。

しかし、おかあちゃんがライターだから
手を出してもらったんだろうと思う人もいるかもしれない。
実際、二男から報告を受けたうちの夫も一瞬
「あちゃー、あいつ(わたし)が書いちゃったのか」と思ったらしい。

たしかに口は出した。本も一緒に選んだ。
それは二男がもともと読書に興味がなく「文字を読むのがめんどくさい」って言うから
なるべく文字が少なくて、でも絵本じゃなくて(絵本は4年生として恥ずかしいらしい)
ーーというのを一緒に探しただけなのだ。

二男が書いた感想文は、文章は支離滅裂なのに、とある感想がすごく良くて、
私はもう、その一文だけで十分だと思った。
ああいう素直な感想は、とてもとても私には書けない。

学校の先生にも、「感想が良かった」と言ってもらえたそうだ。

その少し前、リレーの選手に選ばれて大喜びしていた二男は
「ぼく、さいきんすごいね。リレーも選ばれて、感想文も選ばれた」と
もうすごくウキウキしている。

最初は「良かったね」とか「自分をちゃんと出せたからだよ」とか
言ってたわたしも、二男が「選ばれた、選ばれた♪」ばかり言ってると
むずむずしてくる。

「選ばれたことがいいわけじゃないよ! そもそも感想文なんて選ぶものじゃないんだ。
 選ばれたのはたまたまで、みんなが自分の思ってたこと書けばいいだけなんだから」

「せっかく選ばれたのに、たまたまって、ひどいよ」

たしかに。でも、言いたくなってしまった。ちょっと反省。

周りの評価ばかり気にするようになって欲しくないという母の過剰反応が
二男の芽をつぶしませんように。




年末にむかって、片づけ記事を担当中。
刺激を受けたおかげさまで、わが家にも片づけの神様が降りてきた!
家族が寝静まった後、あふれつつあった雑誌ラックを、せっせと整える。
気持ちに区切りがあるような時期は、ものとのお別れがしやすい。
今月の後半は取材続き。スケジュールが見えてきて、
少しホッとした気持ちで週末をむかえる。
夏真っ盛りの頃、
吉祥寺の「百年」さんで購入したリトルプレス2冊。

おくがわじゅんいちさんの『ナポリタン』、
おもしろすぎる! さいこう!!

ナポリタンの表紙(写真左)、リングのほうからめくるんです。
芸が細かいっ。

一方の『アトツギ手帳ー庄内の食の継ぎ方』は
精進料理や「種」の話などが興味深かった。
Img_412687d717d9a38a602a9ebde4647bb5
昔よりかは片づけていたつもりでも、まだまだ、まだまだいろいろあった。
今日はずいぶん決断ができたよ。
OS9が動くiBookG4、MOドライブとそのディスク、
昔に録画していたビデオ、コドモラの持ち物を作ったときのあまり布、
ずっと使い切れなかった裏紙、多すぎた梱包材……。

いちばん思い切ったのは、
長男&二男が毎日観ていたひろみちおにいさん出演のビデオ。
三男が最後に入院していた頃に買ったやつなので、
そのビデオが流れると当時の雰囲気が、バーッともどってくるような。
だからなかなか捨てられなかった。
もう一度観ようかと思ったけれど、観ないでゴミ袋に入れた。
いくらこのビデオが手元にあったとしても、あの時期にはもどれない。
あとは少しだけ、観ようと思ったときに、苦しいなあと感じたから。
入院していた時期って、やっぱりすごく苦しかったんだ。
なんだかそういうのも、わからないでいた。
苦しささえも手放したくなかったのかな。
うーん。わかんない。けど、わからないままでいいかな。
ビデオを捨てたことに決着をつけようと思ったけれど、それも保留。
台風一過の朝。ピカピカの空、すんだ空気。
連休に片づけまくったわが家の中も、清々しい雰囲気がたちこめている。
表面的にはそう変わってないのに、あきらかに空気が違うように感じるのだから不思議。
あまりに気持ちいいから、今朝もまた、引き出しの中を片づけた。
ああ、ここもあそこも、もっともっと片づけたいけど、仕事しなくちゃ。
きれいな空、という友だちのつぶやき(Twitter)に、
仕事の手をとめて、私も空を見上げてみた。
自然は近くにいてくれている。
ひさびさにパンが焼きたくなり、酵母を起こす。
冷蔵庫に入れた後で、またぷくぷくとふくらんでいた。
かわいいなあ。
Img_fd7b83b6c2480eb82cc3f871773b5bff
取材撮影が続いてフル稼働中。
連休には、久々に夫花屋の店番にも立った。
やっぱり接客はたのしい!!
クラスカフェさんで開催されるガレージセールに参加します!
お近くの方、ぜひ!!

出品するものその1 (Click!) 
出品するものその2 (Click!) 
岡山の牛窓へ。前日入りして、古い街並みが残る通りを散策。

今回も、身軽に暮らす方を取材させていただきました。
詳細は後日。

Img_12cc7793158d4d5b7c849dc99263ec00
Img_b5edd8d36059f619b473a0e75e9e9402
Img_85ff8f51dbdcbb7b68ba362c163108d7
Img_d030d5191d90f07ced3db278ab6cb11a
Img_a40c69225a19be157e312a3f81c42e99
Img_a7715017e9c11e9c3e27421740e6c3c0
Img_dc0f9e485bde94a6ea87042d1c04f2a1
Img_b94d0029d9628fc1a9e3786e56684a95