先週は、久々に一から持ち込みをした企画が通って飛び上がったり、
原稿がうまくいかずに落ち込んだり、浮き沈み激しい日々だった。
なんにしろ自分で勝手に尾びれ背びれをつけるのはやめよう。
どちらも事実はたっぷり受け止めるけど、大げさにはしないように。
そんなふうに考えるのは、自分の感情に振り回されるのにやや疲れているのかも。
2013年から2014年へ移り変わる時。
私はキッチンに立ち、えびの背わたをもくもくととっていた。
リビングでは長男がカウントダウンTVを観ながら夜更かしをたのしみ
お風呂では紅白のなごりを引きずった二男が鼻歌をうたっていて
寝室からは繁忙期を終えた夫の大きないびきが聞こえてくる。
大晦日の夜は毎年同じようにすごしているはずなのに、
その中身は実はどんどん変わっているのだ。
私はとにかくみんなが大好きだってことをいつも態度でしめしているような
すごし方がしたい。そうやっていこう、と新しい年のことを決めた。
Img_0aa3f0d055df23083b62f8318e1c07a1