反省たっぷりの校正もどし作業をすすめつつ、お天道さまのご機嫌がいいうちに、長袖服を洗っては干し、洗っては干し……。ダウンジャケットも今ごろ洗って、乾燥機もかけてふわふわに。

あー、すっきり!

校正もどしも、編集さんやデザイナーさんの迅速な対応のおかげで無事終了。

家族の晩ごはんはカレーを作り置きしていたので、編集部からの帰り道には慌てて帰宅する必要もなく、デパ地下に寄って翌日以降の食材を調達する。仕事でくじけそうなとき、家の中も荒れていると最悪の気持ちになる。今日のところはかろうじてそこを守ろうと、知らぬまに自分でバランスをとっていたのかも。

私の毎日は仕事と暮らしがくっついている。
つぎの原稿の百本ノックがはじまっている。

先日、吉川永里子さんの出版&誕生記念パーティーに出かけた時、吉川さんのお気遣いでほかの出版関係の方とお席をともにし、大好きなライターさんにご挨拶ができたのだけれど、自分の仕事部屋を持っているその先輩ライターさんでさえ、原稿書きのために飲食店をはしごしていると聞いて、自らを省みた。外で書くのって店に気を遣っちゃう……とか言ってる私は甘い(そのライターさんも気を遣うからいっぱいオーダーするので、ヒト月の飲食代でワンルーム借りられるって話してた)。自分のやり方を確立しなくては。
週末もとにかく原稿を書かねば間に合わない。

土曜日は作り置きしていたぶたそぼろで、朝も昼もチャーハン。昼は焼きそばの選択肢もあったんだけど、「朝のチャーハン、もっと食べたい」と言われて、そのほうがラクでいいわと朝よりも大量に作り、申し訳程度にプチトマトをのせる。

日曜日は前日に焼いておいた鮭で、おむすびを14個作る。朝もそれ、昼もそれ、長男は午後からの部活にも軽食として持参した。

好きなメニューならばそれひとつで満足してくれるウチノコラってやりやすい。
最近ますます天気にひきずられやすくなった。雨とか台風とかだとカラダまでどんより。今朝は快晴につき、またも洗濯おばさんになる。カラッと乾きそうな日にする洗濯って気持ちいい。シーツとかバッグとか、先日買った古い布とか。毎日の洗濯物とは関係ないものを洗ってしまう。料理にしたって、晩ごはんをさぼってる日におやつのアイスクリームをつくったりしている私は、毎日の繰り返しがほんっと苦手。よけいなことがしたい。
「身軽な暮らしを考えるワークショップ」の全4回が終了。

結果的には読者の方にお会いできたという、私の好運のほうが大きくて、たっぷりと勉強させてもらった会だった。1回だけの参加で終わった方がいたのはすごく残念だったけれど、全4回参加の方が最後に部屋の大規模な片づけに着手して、何かつかんだ感じに報告してくれたのが、最高にうれしかったです。参加者の方々、ほんとうにありがとうございました。

私も片づけたくなった。しかし、8月中旬まではそっちにハマるわけにはいかない。

みんなで報告しあうっていいなあ。
今回の経験を、また何か別のカタチで続けていけたらと思っている。
段取っていたつもりでも、いつの間にか仕事に振り回されている日々。

そうこうするうちに、コドモラは夏休みに突入した。
放置していると取り返しつかなくなるので、初日は机まわりの片づけをうながし、つきっきりでスケジュールを組み立てた。
毎日のように、不規則に部活がびっちり入る中で、宿題もいっぱい。中学生はたいへんだ。

そして母には、連日昼飯づくりが課せられる。
仕事もピークなのに。自分のことで精一杯なのに……。
昼間はコドモラがいて集中できず、原稿整理に徹夜する。
カラダは疲れるけれど、先が見えたことで頭と心はかなりすっきりした。

今年は秋までに書籍を4本、抱えてきた。
ひとつが発売になり、ひとつが校了になり、ひとつがほぼ脱稿し、ひとつがデザインまで終わり……。相変わらず家族にも、他のスタッフの方々にも、助けられっぱなしだけれど、確実に仕事は進んでいる。

全部が終わった時には、なんとか乗り越えたね!って、さすがに自分を褒められる気がする。
毎年恒例、PTAの手伝いで、ラジオ体操の当番に出かける。
おととしまでは、長男が野球チームに入っていて参加が必須だったから、毎朝送り出すのがたいへんだった。相変わらず、その野球チームの子達がユニフォーム姿でラジオ体操をするのをながめながら、もう終わったんだなあと、あのたいへんさが思い出になっていることにさみしさを感じる。
いまも連日バタバタだけれど、このたいへんさもいつか思い出になるんだ。