新年っていいなあ。なぜだか気持ちが改まる。
ずっとウジウジ、モヤモヤしてたけど、なんだか吹っ切れてきた。

どんな本にしようかと、構成を考えている時がいちばんたのしい。
今日は久々にウキウキした! 本づくりはやっぱりおもしろい!
ピンチヒッターでインテリア取材。初の媒体、はじめましてのカメラマンさん&先方。こういうの久々だ〜。インテリア取材はやっぱり好き。
三連休あったし、夫インフルで家にいたし、なかなか自分のペースに持ち込めないもどかしさがあったが、ようやく今日から通常営業! リズミカルに午前中をすごし、昼からはランチ→書籍の打ち合わせ。書店パトロールをして、食材を買い物しながら帰宅。仕事の試作を兼ねて、ごはんの支度をする。いいことだけフォーカスして、おやすみなさい。
朝、雨が降り出す前に、外に出る。ご近所をぐるりと一周。
今年から、20分でも30分でも、なるべく歩くことを決めた(小声で宣言)。
そうでないと、へたしたら、原稿書きの日は一日中、パジャマのままなのだ。
着替えて、外気を浴びて、今日のスイッチを入れる。ほんとは9時からスーパーがやっていたら、買い物がてらができてうれしいのだけど、欲張らない。とにかく一度、外に出れば目標達成。
『香菜子と春美の〈楽食住〉』展、オープニングパーティーにおじゃまする。香菜子さんのお仲間や、以前取材でお世話になった方々など、たくさんの知り合いに会えて、たのしいひととき。ケータリングもおいしくて、いいお買いものもできました〜。お料理上手な福田春美さんのブログが大好きだったので、ご本人にお会いできたのもうれしかった。

『香菜子と春美の〈楽食住〉』は、原宿のEDIT LIFE TOKYOにて、2015年4月17日(金)まで開催中です (Click!) 
Img_d652483c7ca5376b24a9ec05cb9bbe48
明日の正午が、今年度のレポートの締め切り!
そんな差し迫った状況のなか、コドモラの予定と合わせられるのが、今日しかなかったのです。事前にチケットを予約し、いそいそと母子3人、行ってきました『進撃の巨人展』。

立体起動装置やイルゼの手帳など物語に出てくるアイテムの模型が展示してあったり、実物大巨人がいたり、オープニングシアターがあったり、たっぷりと世界観にひたれてすっかり夢中に。

その後は、夫と待ち合わせをして、みんなで晩ごはんをたべて帰る。家族のお出かけがたのしいなあ。こういう時間が持てることが何よりの幸せだと、しみじみしちゃった夜でした。
Img_afe800b807c8e0fdeb886109aaecbf90
作者の故郷大分の、山に囲まれた風景を再現した部屋に、作者の子ども時代の絵や、影響を受けた漫画やプラモが展示されていたのもおもしろかった。
進撃の巨人展から帰宅し、明け方までレポート書き。締め切り5分前に送信し、しばしの開放感にひたりつつたっぷり昼寝。

途中、本日が誕生日の高校時代からの友だちに電話を入れる。久々にきく声は変わらないけれど、後ろで娘ちゃんが騒いでいるのが以前と変わったところ。近々会う約束をした。

夜からはまた、まもなく会議にかけていただく書籍の企画のため、せっせとコンテを考える。連夜出かけたことをパワーに変換しつつがんばれた日。
私の師匠の事務所で働いている同業女子と、ランチをする。そういえば年末にも、ふとしたことで知り合った同業の若い女子とお茶をしたのだった。自分は年も上だし、経験もちょっとは長いけど、ふたりが聴きたかったような話しができたかな〜って、あとからずっと考えてた。私には今、希望が少し欠けている。未来を見ている人たちに不安をまき散らさないようにしなくては。
隔月連載「大人の転機図」の取材で、とても明るい方の話しを聴く。私が惹かれる人はなぜだか、直感タイプばかりだ。取材後、編集さんとふたりでその方のお店でランチをしながら、たっぷり話す。相変わらず居心地がよくて、私はこの場所にも憧れていることを再認識する。
クラスカフェの三木さんのガイドで、川越近辺プチツアーに出かけた。ご一緒したのは、テディベア作家の衣笠美保さんと、イラストレーターのマメリツコさん。おいしいもの、新しいもの大好きなメンバーで、話しがとっても盛り上がり、久々にフレッシュな気持ちになる。すてきなお店に行って、おいしいものを食べて、たのしいおしゃべりをいっぱいして、居心地よさそうなお家も見せてもらって、わくわくがいっぱいの一日だった。

写真上は、Lene cafeのごはん。お総菜の一つ、ひとつがどれもおいしい味つけで、おみそ汁も絶品。こんな料理が作れるようになれたら最高だな〜。
写真中は、12月にオープンしたばかりという、Banonのケーキ。しっかりした甘さで、かなりの腕前です! お友だちが食べていたクランブルもおいしかった。
写真下は、CHICU+CHICU 5/31のとみこさん、同業の梶謡子さんと合流して新年会をした、ほどほど屋エイトで食べた大根のステーキ。ここはもう、野菜が最高。雰囲気も暖かくて、こんなお店がご近所にある三木さんのことがとってもうらやましかった!

食べものの写真ばかりだけど、まいっか。
Img_a82d5edacf3a7208c01766d42d52a561
Img_7b787d4eced743ee75b993565185e477
Img_b1d3520264521654479860c7530bcc11
秋に発売予定の書籍のために、今年初の葉山撮影。著者さんがお引越をして、これまでとはまったく違うタイプの建物での撮影だったが、見事に居心地いいお家になっていたことにえらく感動する。画一的な内装のマンションでも、その人らしくなっている。年季の入った水屋の影響が大きいことはわかったが、後はなんだろう。

午後からは畑で撮影。春のような陽気のなか、いろんな野菜を収穫する。冬の畑がこんなに豊かだなんて。雨上がりのせいか、野菜たちがいつも以上にみずみずしくてプリップリだった。
Img_0723e177a8f4d342610bc595c75edb32
とみこさんの企画展のご相談で、とある古書店&ギャラリーさんをたずねる。12月に訪れた際には停滞かと思われた案件を、この短期間にすっかり実現に結びつけていたと知り、店主さんに対する尊敬の念がハンパなく膨らんで、エネルギーのかたまりとなって私の心に貯蓄された。

打ち合わせ後、近くのパンとコーヒーの店でお茶をしながら、そんな気持ちを話題にしていたとき、ご一緒していた江原さんから「計画された偶発性」という理論を教えていただく。気になって、すぐに検索してみた。計画された偶発性は、5つの行動特性を持っている人に起こりやすいと書いてある。好奇心、持続性、柔軟性、楽観性、冒険心ーー。するするするっと、何かがほどける音がした。
Img_24982c61ae694ce3e585e1dccab4e328
家仕事の日。食パンがあるとうれしい。
パンとコーヒーで最高に幸せになれる。