Img_c1b14e8df48a060bb12f0ff53cb717b3
ほんとはもう原稿から離れたくない。でも、原稿以外の仕事もしなくちゃだし、家のなかのことも多少は気にしなくてはいけない。連日買い弁なのでさすがにごはんもつくらなくては。こんな日は、原稿の続きと仕事の段取りで頭をいっぱいにしながら買い物に行き、なにも考えずに肉を焼く。
ホームページの制作をお手伝いするという口実で、同業大先輩のおうちにおじゃましてきた。
お役に立てたかどうかは定かでないが、晩ごはんはしっかりごちそうになる。
なんとなく噂にはうかがっていたご主人(やはり同業大先輩)もご在宅で、仕事とその周辺の話題に花を咲かせるという幸せな時間をすごす。

ご夫婦おふたりとも、お子さんが独立したことや、そのほかの節目にも立っておられるようで、新しい世界を見つめている感じがした。わくわくのお裾分けをもらう。

翌日は、偶然にもおふたりと同じ職場で働いていた方の、トークイベントだった。
憧れの方の生姿を味わいながら、人っておもしろいなあと、まっさらな気持ちで話をきいた。
連日の取材・撮影。今日は次回「大人の転機図」の取材で葉山へ。3ページには到底書ききれないご経験の数々をうかがいました。この方のお話は書籍になる、したい。そんな思いがむくむくとわいてくる。

でも、まだ手つかずの書籍が後ろに3本控えている。どれも1本、1本、自分で企画書を書いて別々の版元さんに通したもの。出版不況のご時世に、私の企画にゴーを出してくれたのだ。それらの終わりが見えるまで、ほかの約束はできない気がして、走り出したい自分の気持ちをおさえた。

思えば3本のうちの1本は、私が10代の頃に関わっていたことがテーマだ。そして、今日の取材者の方のおもしろいお話しも、10代〜20代の頃にいちばん興味を持っていたこと。

めぐりめぐって、自分の真ん中にもどっている。ひとまずは目の前のことに集中しながらも、大事なタイミングを逃さないように、正直にすごしていよう。
山中とみこさんの打ち合わせにおつき合いして、senkiyaへ。okatte sun!のランチ、おいしかった−!雑貨コーナーでは水玉の靴下を買う。ハードな毎日のおかいものセラピーだ。打ち合わせは順調に進み、4月のとみこさんのお店の、一周年企画が決定。私が大好きな方が関わってくださることに。うれしい!

今日からコドモラは夏休み。PTAのラジオ体操当番もはじまった。受験生の長男のためにサポートすることもいろいろあるし、仕事も入り乱れているし、段取りをとっているだけで時間がびゅんびゅんすぎていく。
Img_811d9940af46bd38fa3fe5e661b3d78e
一年間続いた書籍の撮影、最終日。
徹夜のままでかけて、途中ソファでうとうとしそうになったけど(15分だけ寝ていいですよと言ってくれる編集さんが優しすぎる)、取材をするうちになんとか目覚めて、今日のノルマは無事達成。

毎月欠かさず葉山に通った日々。いろんな気持ちがわいてくるけれど、とにかく私はこんなにすてきな方とご家族がいるってことが、伝わるように原稿を書き上げなくては。

原稿書くのはやっぱり遅いし、遅すぎるし、苦しいときあるし、むいてないーむいてないーよ、って思うけれど、こう書けばいんだってひらめいたりした時は、すっきりする。脱稿までもうひとがんばりだ。
Img_105a8c10c6d5381d126a593f86bf9285