Img_d96e01af018923728f8a7c19697a4483
Img_4414d15db4f5d7d63b973665a14764ec
Img_2ccb344459c284234c0774553f518d9a
和風が暮らしいい。特別編集『ツムグ』
ーお米が暮らしの真ん中です。ー

9月30日、主婦と生活社より発行となりました。

ワンテーマにそって、日本各地のおもしろいことを取り上げる本ですが、東京から地方へ取材に行くのではなく、その地域にお住まいのリトルプレス編集部やライターさん、所縁のある方々の寄稿を集めています。

本の作り方として新しい試みがとても魅力的で興味深かったし、リトルプレスが大好きなので、そのつながりでできる仕事だから、ぜひ編集として参加したいと立候補しました。

アシスタント時代はムック一冊の編集補助なども担当していたけれど、独立してからそういう機会はなかったのです。
どなたに書いていただくか、というところから関われたのは、ほんとうにおもしろかった。

おむすびの特集の扉の部分で、写真と文を寄せてくださった阪本勇さんは、以前、赤木真弓さんのギャラリーで偶然展示を見たことをきっかけに、ずっと心に残っていた写真家さん。いつか一緒にお仕事してみたいという思いを、編集のM山さんがすんなりと受け止めてくれて、阪本さんの魅力がそのまま表現できるページを作れたことは、冥利に尽きることでした。

するすると読ませる文章、印象的な瞬間を自然にとらえる写真がすてきなリトルプレス『百年の食卓 ーおばぁとおじぃの暮らしとごはんー』の黒川祐子さん、田村ハーコさんにもご参加いただきました。沖縄の宜野湾市にあるごはん屋さん、「めぇみち」のおむすびがおいしいわけを、店主である池さんの思いにのせて紹介しています。

山形で活動するアトツギ編集室のみなさんは、いまや幻となった山の奥の発酵寿司について、聞き書きしてくださいました。

『こけしの旅の本』の小島さんは、持ち味を発揮したユニークな目線でこけし寿司を語っています。
47都道府県のご当地おむすびを紹介してくれた百千さん(えび天むすのしっぽのカリカリが最高でした!)。ごはんの基礎知識やたのしいグッズを案内してくれたAKOMEYA TOKYOさん。ミラノ万博でのおむすびイベントついてレポートしてくれたおにぎり協会の中村さん。「お米と暦と信仰」という深すぎて難しいテーマで、読み物をまとめてくれた編集・ライターの高橋紡さんと長倉志乃さん。イラストを寄せてくれた谷山彩子さん。文学案内に協力してくれた代官山蔦屋の菅原さんや恵文社一乗寺店の上田さん。

……ぜんぶ書くのはさすがに長すぎなのでこのへんで失礼いたしますが、ほかのページでも、M山さんとあーだこーだとたのしくやりとりしながら、いろんな人のおもしろ企画を詰め込ませていただきました(表紙もいいでしょう!)。

「どんな本になるか、わからない」などと不穏な依頼を受け止めて、さすがの誌面に仕上げてくださったナカムラグラフのみなさまも、ほんとうにありがとうございました。コンテを見せたときにナカムラさんがにやり、としてくれると、ホッとしました(笑)。

かわいい、かわいい、一冊です。読んでください。
取材・撮影・打ち合わせの連チャンをパズルのように組み合わせて駆け抜けている。書籍3冊が同時進行で、そろそろメモリをこえそう。

わが家は私が留守がちなあいだに、ごはんですよとか一平ちゃんとか、ふだん食卓にのぼらないものが登場するように。お父ちゃんが出すものは男子に大好評。私があまりにもカツカツだから、二男の運動会の朝には、夫が早起きしておむすびを担当してくれた。おかげさまで小学校最後の運動会、開会式の途中から参加できた(最速記録!?)。PTA校外委員長のお役目もあったので、ほんと助かったし、うれしかったな。夜は例年、席をともにしていた家族で打ち上げ。幸せな一日でした。

運動会が終わって、連載の原稿が終わって、デザイン打ち合わせも終わってと、ひとつずつクリアしていることには間違いない。そしてそのどれもが、誰かの協力によって成り立っている。みんなのやさしさが身に染みる45歳の秋です。

Img_efbb51e00e4b8858698869b579f62a1f
Img_b1c08ee88d0fd416b1422cd05afbeccd
3連休の最初の土曜日は、昼ごはんと夜ごはんを作り置き、すべてのことをひとまずおいて、「青と夜ノ空の夜」で開催した「コラージュブックを綴じる」ワークショップに参加。雑誌の切り抜きや紙ものなど、ついつい集めてしまうものが愛すべきカタチになってしまい、今後もこれをイイワケに集めてしまいそうでやばい。参加者は紙好きばかりだから話が合って雑談もたのしく、第二弾をリクエストしてきた。その後、ギャラリーfudokiへ大急ぎで移動し、大好きな吉沢小枝さんの展示をたのしみ、打ち上げにもまぜてもらって、濃厚な一日が終わる。

*「青と夜ノ空の夜」の本棚には、私が編集を担当した『古い布でつくる』や『ツムグ』も並んでいます。吉祥寺や西荻窪方面へお出かけの際には、足を運んでくださいませ。
具体的なことを順番通りにするするとわかりやすく話してくれる人、単純な言葉がぽつぽつとしか出てこないけれど実はいろんなことを感じている人、話すよりも書く方が気持ちが表しやすいのか直しの段階で独自の言葉で赤を入れてくれる人。取材をしているといろんな人がいておもしろい。言葉の使い方は人それぞれだから、この人はどんな感じなんだろうと、自分なりに理解するまで少し時間がかかる。相手の全体像が見たくなってあれこれきいてしまう。以前、西村佳哲さんのインタビューのワークショップ(しかもマンツーマン!)に参加した。もしかしたら、今までの自分のやり方でないところに何かあるのかもって、話の聞き方を変えてみたいと思ったけれど、ついクセが出る。いつもの聞き方がなかなか手放せない。
蔵前で打ち合わせ。お相手の方のお話しがかなり興味深くて時間を忘れる。
帰りにin-kyoによってお買いもの。Cさんとしゃべってホッとする。
アンチヘブリンガンでひとりランチ。Mさんとは相変わらずお墓の話など。
たまプラーザへ移動し、書店パトロールをした後、カフェでパソコンに向かう。
夕方から、本日の山場、新刊の撮影前打ち合わせのため著者さん宅へ行く。
カメラマン、デザイナーふくめて、はじめて勢揃いで顔合わせ。
著者さんが、時間ないはずなのにお料理を作っていてくれた。
ビールが出てきて、さらになごむ。

きょう会ったのはみーんな好きな人だったなあ。
Img_3c236583fcade4033de5bc4b68060de6
Img_f7a56276d265874454b75d5307241259